―白黒日和―

ブログ初心者が自由そして不定期に更新しているカオスなブログ。擬人化とか創作とかあるかも。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捧げ小説 桜咲く日にキミと。

黒音様の誕生日祝い。我が家のカービィ擬人化達の小説です。
黒音様のみお持ち帰り可です。

「メタ、どっか行こう?」
「嫌」
「え~、行こうよー!暇なんだよぉ」
「じゃあ、例えば…例えばだぞ。何処が良いんだ?」
「えっとね、うーん…」
家の中で会話をするカービィとメタナイト。
メタナイトはソファーに座り、カービィはメタナイトの隣に寝そべっている。
「あっ、お花見!お花見行こう!」
「花見…か」
考える仕草を見せるメタナイト。
「花見なら…いいぞ」
「やったぁ!」

これが今回の出来事の始まりであった…。



「で、カービィ、」
「なぁに?」
「誰か誘うのか?」
「あ、うん。きいろでしょ、あかいろでしょー、みどりと、シャドーと…」
「あとは?」
メタナイトは律儀にメモを取っている。
「あっあとはね、ドロッチェ団の皆」
「あいつらか…」
少しメタナイトが嫌そうな顔をする。
「だめ…?」
「いや、別に構わないが…。何するか分からないしな…」
「いいの!?じゃあ皆誘ってみるね?」
勢い良く起きると、カービィは電話を取る。

プルルルル…。

《もしもし》
「あ、ドロッチェ?あのさぁ、」
《あぁ、何だ?》
「お花見しに行くんだけど、来る?」
「(あんな事があったのに物凄く普通に話してるのが不思議なんだけど)」
《おぉ。楽しそうじゃねぇか。俺等も暇だしな》
「(盗賊してないのかよ)」
「うんわかった。じゃあ、僕の家の近くの桜の木の所にいるから」
《わかったぜ。じゃあな》

ガチャリ。

「えっと、後の皆にはメールしたからよし」
「近くでいいのか?」
「うん。あそこの桜の木、キレイでしょ」
「そうだな。じゃあ、コレ持ってけ」
カービィに渡したのは、クーラーボックスとビニールシート。
「?」
「もう来るんだろ?行ってろ」
「え~っ、メタはぁ!?」
「飯作ってから行く」
「本当!?」
ぱぁっと満面の笑みを浮かべるカービィ。
「ちゃんと来てねっ!」
「あぁ」
「デザートもねっ」
「あぁ」
「絶対だよっ!!」
「…さっさと行け」

スコーンッ!

「あぅっ」
メタナイトは仮面を投げた(いいのか)。



〔四色カービィには台詞の前に色名が付いてます〕
緑「おーい」
桃「きいろっ!あかっ、みどりっ!」
十分ぐらいほどで黄・赤・緑の三人が来た。
黄「ぴんく、久しぶり」
桃「鏡の大迷宮以来だよねぇ~」

「「「……」」」

カービィ(ピンク)の言葉に三人が止まる。
桃「…あれ?」
赤「サブゲームも出てるよ」
桃「あ、そうだっけ?忘れちゃった」

きっと確信犯。
黄「それよりも、花見に呼んでくれてありがとう」
緑「きいろマジメすぎ。で、他のメンバーは?」
桃「えぇっとね、シャドーとドロッチェ団」
緑「え、あいつら来るの?」
桃「電話したら来るって言ってたよ。暇なんだねぇ」
ビニールシートをばさりと広げ、座る。
四人が座ってもまだ余るくらい広い。

赤「メタナイトは?」
桃「弁当作り」
緑「シャドーは?」
桃「まだ」
とりあえず暇である。
黄「そのクーラーボックスは?」
桃「しらなーい。…よし、開けてみよう」

パカ。

ドリンクと…ビールと酒。
桃「メタってビール好きなのかな」
黄「…さぁ…」

パタ。

見なかったことにして閉めた。
「おぉお前ら、もう始まってんのかぁ!?」
桃「あ、ドロッチェ。いらっしゃい」
「なぁ団長、俺腹減った…」
「だそうだ、飯あるか?」
桃「今メタが作ってる」
緑「まぁ座れば?」
ドロッチェの手をとり、緑がシートに引きずり込む。
赤「4名さまごあんな~い♪」
「ちょっ…待っ…うわぁっ!」

ズシャアッ。

団長→泥まみれ。
「団長だせぇ…」
「うっせーぞ!!」
持参のタオルで顔を拭きつつ、クーラーボックスからビールを取り出した。
「お、いいもんあるじゃねーか」
桃「メタが持ってきてくれたんだよ」
「ふーん。で、あの影野郎は?」
桃「んー、もうすぐ来ると思うんだけどなー」

「お前ら、弁当出来たぞ」

桃「メタ!」
お待ちかねの弁当。
6箱ぐらいある。
「シャドーも連れて来たぞ」
メタナイトの後ろから、黒髪のシャドーが顔を出した。
「僕も誘ってくれて、有難う、です」
桃「いやいや。よーっし、食べるぞー!!」
弁当を囲むように輪になって座る。
「「「「いただきます」」」」

「お、うめぇっ!」
桃「でしょ?メタは料理上手いんだよっ」
ドロッチェがメタナイトの肩をたたく。
「お前、いい“お母さん”になれるぞ」
「喧嘩売ってるのか?」
「………飲み比べ、で……勝負」
「お、いいなそれ。メタナイト、やるか」
「…やってやるよ」

プシュッ。

桃「ドロッチェってビール好きなの?」
「ん~、結構な酒好き。毎日のように飲んでる」
「そうじゃな。…それにしてもこの弁当は美味いのう」
「…から揚げ」
ストロンがドクのから揚げを奪い取った。
「ワシのから揚げ!!」
緑「年寄りなんだから油分控えればー?」
赤「そうだねぇ。その分僕達が食べてあげるよ」
黄「…修羅場」
桃「そーだよ。僕達食べ物には容赦ないから♪」
気づけば6箱あった弁当は今は2箱ほどにまで減っていた。
そしてその2箱も減り続けている。

「ねぇ、みんな…。ドロッチェ、が」
桃「どうしたの?シャドー」
「ほえあー…」
「酔っ払っちゃった…」

「「「は!?」」」
「そうじゃのう。あいつは酒には弱いんじゃ」
「その癖いっつも大量に飲んで二日酔い。団長が無理だから盗みも出来なくてさ」
緑「だから暇、だったんだね」

桃「まぁいいや。とりあえず1人はほっといて、楽しむぞーっ!!」

「「「おーー!!」」」

たくさん笑った。たくさん騒いだ。

敵だった人たちとも。

こういう風にもっとたくさんの人と敵味方問わず楽しめたら。

もっと、楽しいだろうな。

そう思った、春の、今日この頃。


遅くなってごめんなさい。
あと、妙に長い。
スポンサーサイト

*Comment

受け取りましたvv 

こんな奴のためにありがとうございます!!
相変わらず白雪さんは文才が有って羨ましいです;;
私が文章書くと全部説明的な文章になるので(泣)
カービィのほうで書いてくれたんですねww
最近のマイブームを心得てらっしゃるwww

あ、私のブログのほうに乗せて大丈夫ですか?
多分ポケダン関連の事が一通り終わってからになりそうですが;;

それでは、本当にありがとうございましたー!!

口調が定まってないのは仕様ですww
  • posted by 黒音 
  • URL 
  • 2009.04/17 20:21分 
  • [Edit]

Re: 受け取りましたvv 

ブログに乗せても大丈夫ですよ^^
私も最近カービィにはまっているので結構描きやすかったです。

文才なんて無いですよ;;
ただ思いつくままに書いてるだけのわけ分からない文章なので;;

受け取ってくれて感謝です!

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

アクセスカウンタ

プロフィール

白雪 花音

Author:白雪 花音
アニメ、漫画、ゲーム好きな私『白雪 花音(しらゆき かのん)』が
気ままに更新しているブログです。

最近は専らカービィとボカロ。
カービィは擬人化ばかりです。
ボカロは小説。ヤンデレにはまりつつあります。

基本雑食。色々好きです。

投票お願いします

その他のコメントにいいのがあれば選択肢に追加します。 この投票を参考にして決めます。

最新記事

右サイドメニュー

更新履歴。

同盟・サーチ等。

BGMにどうぞ。

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

多分携帯でも見れる。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。